内科・小児科のご案内

  • 妊娠中の内科疾患や退院後の検診も連携
  • 出産・退院時、1ヶ月・3ヶ月健診と小児科専門医が診察致します。
  • 妊娠中も風邪をひいた場合など、診察を受けられ、妊娠~出産後とトータルで診察致します。
  • 産婦人科医と小児科医の密な連携があり、特に新生児・未熟児治療経験が豊富です。
  • かかりつけ医として出産直後から赤ちゃんの成長と発達に合わせたケアを行なっていきます。

休診・診療時間の変更のお知らせ

診療時間

 
一般診療 受付時間 AM8:30-11:45 (午前) 診療時間 AM9:00-
予防接種 受付時間 PM1:30-2:00
     診療時間 PM2:00-
こちらを
参照下さい
× 第1・3・5 ○ 第2・4   ×
一般診療 受付時間 PM2:30-5:15  (午後) 診療時間 PM2:30- × 第1・3・5 ○ 第2・4   ×

受付・診療時間は外来の混雑状況等により変更になる場合がございます。 火曜日の診療時間がPM3:30-になる場合があります。詳しくはお問い合わせ下さい。 小児科を受診される際は、母子手帳をご持参下さい。

診療担当医

副院長 宇都宮 正司

10年以上NICU(新生児集中治療室)での勤務を経験した小児の専門医 小児科内科担当 東京医科大学医学部医学科卒 医学博士 日本小児科学会専門医認定 清瀬幼稚園・保育園園医 市立清瀬中学校学校医 日本小児科学会会員 地域総合小児医療認定医

ごあいさつ

 当院で生まれた赤ちゃんは、出生後の初回診察から退院時の診察まで、赤ちゃんに異常がないか常に気を配っております。万一、退院までの経過中、何か変化があれば、適切な処置やアドバイスを行えるのも、産科に併設している当院の利点です。異常分娩の場合は産科医との相互協力により、赤ちゃんの状態を十分にケアします。また、必要に応じて新生児専門の医療機関と連携して対応しております。  外来では小児科・内科の一般診療、予防接種、乳幼児健診、特定健診等各種健診を通じて一般の方はもちろん赤ちゃんからご家族まで幅広いニーズに出来る限りお応えします。その他、血液検査、尿検査、レントゲン検査、心電図検査、超音波検査をはじめ、インフルエンザウィルス、RSウィルス、アデノウィルス、ロタウィルス、溶連菌などの感染症迅速検査、血液でのアレルギー検査を行っています。  ご家族では病気の診断はできなくても、たくさんの情報を集めることは医師の診断の助けになります。保護者の方には携帯の写真や動画でお子様の様子や吐いたもの、便、発疹などを撮影して持ってきていただき、保護者の方のご協力を得て正確な診断を心掛けてまいります。

医療連携機関(病院) 

主に下記医療機関等と連携し、お世話になっています。

都立小児総合医療センター 多摩北部医療センター 日本赤十字医療センター(産科・新生児科) 東京医科大学病院(産婦人科・小児科) 防衛医科大学校病院 杏林大学医学部付属病院 日本大学医学部付属板橋病院 独立行政法人国立病院機構 東京病院 公益財団法人結核予防会 複十字病院

 平成17年6月より多摩北部医療センター(旧多摩老人医療センター)で平日準夜間診療(診療日 火・金曜日 午後7時30分-午後10時30分)が始まり、地域の小児科専門医として協力しています。